ホールクロックの種類について

時代ものの洋画を見ているとホールに大きく飾られた時計を見ることがあります。
とても豪華で西洋の良家のイメージを作り上げている存在と言えます。
ホールクロックは、このような時計の種類の一つです。
豪華でも壁にかかっているものは含まれず、床に置かれているもので、背が高い柱のような形状のものが当てはまります。
その中には振り子を利用しているものもあり、電気を動力源としない機械式のものがあり、アンティークとして人気があります。

ホールクロックに定義はある?アンティークの基礎知識

ホールクロックに定義はある?アンティークの基礎知識 多くのアンティーク時計がありますが、ホールクロックと呼べる定義としては屋内に設置しているもののうち、縦長の大時計になります。
ただしその大きさにはっきりとした基準はなく、床から背丈ぐらいまでの高さのものがほとんどです。
機構や構造は関係なく、このような形状のものは全て該当すると言えるでしょう。
電気の無かった時代に作られ始めているので、ゼンマイを動力源として使ったものがあります。
ゼンマイの巻き方は手動で行うカギ式と振り子で行うものがあります。
定時で音がしたり、いろいろな仕掛けが動き出すものはとても人気が高いでしょう。
内部は歯車で構成されているので、メンテナンスが重要です。
最近製造されたホールクロックにはクォーツタイプもあって取り扱いが容易です。

機械式のホールクロックの魅力をチェックする

機械式のホールクロックの魅力をチェックする 機械式のホールクロックに興味を持っている人もいるでしょう。
これはぜんまいを動力にした置き時計のことであり、電池を動力にした時計よりも長い歴史があります。
機械式のホールクロックにはいくつかのメリットがありますが、まずは資産性が高いということが挙げられます。
無数の歯車や小さな部品を組み合わせた精緻で複雑な構造をしており、安く大量生産が可能な時計とは一線を画すステータス性を備えているのです。
特に有名なブランド品の場合は資産性が高く、長く受け継いでいく価値があると言えるでしょう。
価値のあるホールクロックが欲しい場合、ぜんまいを動力にしたタイプを選ぶのがおすすめです。
半永久的に使用できるというメリットもあります。
電池を動力にした時計の場合、電子回路の寿命は10年程度と言われています。
電子回路が壊れると修復できなくなってしまうことも多く、安い時計だと買い替えた方が良いことも多いです。
ですが、機械式のホールクロックになら修理できることがほとんどです。
定期的にオーバーホールをすることにより、気に入った時計を長く使い続けることができるでしょう。
いろいろなデザインや機能性があるということもぜんまい式のメリットです。

ホールクロック修理の時に知っておきたいコツとは?

ホールクロックこと、大型置時計が調子が悪くなったとして修理するのでしたら、普通に時計屋さんを探すのではなくホールクロック修理専門店を探す方が堅実です。
通常の時計と違い、2m級の大きさがありますしグランドファーザークロック等の異名がある様に、通常の時計とは違ったアプローチが必要な場面が多く、最初から専門家にお願いした方が確実性があります。
中には、出張サービスをしている会社もありますので、その辺りにお願いすれば運搬の手間も最小限で済みます。
続いて、依頼した場合に時計が帰ってくるまでの期間ですが、通常の時計とは違って3~4か月位のスパンを見た方が堅実です。
電気式の場合はその限りではありませんが、通常のタイプの場合は本体から振り子や機械や錐を取り外して1度工房に持って帰り、全体をオーバーホールしてから取り付け直す事になります。
部品の在庫や入手等も、即出来る事もあれば難しい事もありますので、一般的な腕時計だったり懐中時計の類等とは別物と考えて下さい。
代金算出の為の式は、大概の場合は「基本料金+部品代+部品調達代(※不要な場合あり)」で出ます。
出張サービスの場合はその分の代金も入ると考えておけば、完璧です。

ホールクロックの仕組みを理解して賢く使おう

一度錘を巻き上げると約1週間動く、若干のズレはあるけれども3本ずつ同じように下がる、下がり切りケースの底についた際には時計が止まるなどの特徴を持つのがホールクロックです。
そのため、毎週の決まった曜日に錘を上げるようにすれば停止することなく動き続けるなどの仕組みがあるわけです。
ホールクロックは、機械式時計に分類されるものではゼンマイを動力にしていること、このゼンマイも定期的にキーを使い巻いてあげなければ時刻を刻むことはできません。
最近では、アンティークに注目が集まっているなどホールクロックへの人気もあるようですが、重厚で存在感がある、ホテルや学校などのような場所に設置されていることが多く、錘を原動力にしているので機能的にはチャイム時計とそれほど変わりはありません。
錘の下降を原動力にしているのが特徴、振り子の等時性により調速される脱進機でコントロールされて時刻を刻む仕組みを持つなどは振り子の等時性に影響を与えないよう作られています。

ホールクロックを置くことでレトロな雰囲気に

ホールクロック、と言われるとピンと来ないという方も多いものです。
童謡として馴染みの深い「大きな古時計」に出てくるおじいさんの時計と言えばイメージしやすくなりますが、大人の背丈ほどもある大型の置き時計です。
歌詞の中でも「おじいさんの時計」とあるように、レトロでクラシカルな雰囲気が大きな特徴です。
彫刻のような意匠と、時を刻み続ける大きな振り子、そして美しいチャイムの音色。部屋の中にホールクロックがあるだけで、高級感や重厚感のある空間になります。
大型の見た目ながら内部の造りはとても繊細かつ精密なものです。
現代の主流となっているデジタル製品のように新しいモデルが出たらすぐに買い替えて済ませるものではなく、メンテナンスを重ねることで悠久の時を刻み続けることが出来るのがホールクロックです。
ホールクロックのある場所といえば、古い学校や公共施設、由緒ある洋館などが一般的です。
現代の家庭に設置するイメージはあまり持たれませんが、レトロな雰囲気のお部屋を作る際にはおすすめしたいアイテムの一つです。

ホールクロックを自分でお手入れする場合の注意点

アンティーク品としても人気の高いホールクロックは、定期的にお手入れをすることで一生使うことができます。
ただしホールクロックは精密機械でもあるため、自分でするだけではなく定期的な業者によるメンテナンスも必要です。自分でできるお手入れについてはメカニック的な部分ではなく、ガラス部分の磨き上げなど外見に関する部分が中心になります。
その際の注意点としては、ホールクロックに触れる場合はかならず手袋をすることが大切です。
素手で触ってしまうとサビの原因となることがあり、場合によっては修理が必要になることもあります。
ガラス部分を清掃する場合は、市販のガラスクリーナーが使用できます。
なるべくガラス以外にクリーナーが付かないようにして、きれいに汚れを落とします。
木や金属の部分の清掃は、柔らかい布を使用して優しく拭き取るようにします。
市販のクリーナーなどを使用してしまうと、汚れは落ちても変色などの危険があるため注意が必要です。

ホールクロック自作を始める前にやっておきたい事。

ホールクロックは、本来の定義に基づけば2m級の大型置時計であり、自作そのものは難しくありません。
ただし、予備知識皆無でいきなり始めてしまうのは難度が高いですので、まずは予定の物よりずっと小さい、小型版のホールクロックを試作してみる事をお勧めします。(※「小型の振り子時計を作る」と考えてもOK)
最初の段取は本体に使う板を選ぶ事で、本当に簡易な物ならば牛乳パック等でもOKですが、木材でしたらスプルースが妥当です。
次に表と裏面両方をカンナで削って整え、線を引いて糸鋸でカットし時計の文字盤を作ります。
この時真ん中に針をセットする為の穴も忘れないで下さい。
続いて時計の裏に当たる部分に、時計の機械が入る為の小さな穴を寸法を調べて制作(※既に開けた時計の針の為の穴と呼応させる)します。
後は必要に応じて文字盤の文字を自作しつつ、盤に貼り付け、既製品の振り子も搭載すれば簡易的なホールクロックの小型版が完成します。
ちなみに一連の段取で最も注意が必要なのは、振り子の重さと思って下さい。
重いと左右の揺れ幅が小さくなって、重すぎれば全く動かない事も珍しく無いです。
ホールクロックの美しさは、振り子の丁度良い左右の揺れという声もある程ですので、電池式にしろ手動型であるにしろ、試作段階で妥当なラインを見るコツをしっかり習得する様にします。

ホールクロックの好みは世代によって異なる点に注意

ホールクロックはホテルのロビーや病院の待合室など、人が集まるところに設置することが多く、非常に美しいデザインのものが多くなっています。
単に時間を知ると言うだけではなく、時計自体を見て楽しむと言う要素もあることから、美しい形状となっている場合が少なくありません。
絵画や彫刻のような風合いを持っているものもあり、非常に落ち着いた雰囲気を醸し出しているものです。
しかし同じ待合室であっても、小児科病院のような子供たちが多く集まる場所では、そのイメージは大きく変わってきます。
子供たちは芸術品などにはほとんど興味がなく、おもちゃのような動きのあるものに興味を示すと言う特性があるため、このような場所のホールクロックはギミックがふんだんに取り入れられていると言うことが少なくありません。
時報のために様々な部分が動き、子供の興味を惹きつけるといったものも多く、鳩時計の進化版のようなものが多いのが特徴です。
ホールクロックを設置する場合には、世代によって興味が異なるため、これに対応したものを選ぶことが良い方法となっています。

ホールクロックには芸術品が多いため取り扱いに注意

ホテルなどのホールに設置されている時計は、非常に見やすいものであるとともに美しいものであることが多いので、単に時間を知るだけでなくその美しさに見入ってしまうと言うことも多いものです。
このホールクロックは多くの人が集まる場所に設置されていることが多いのですが、そのほとんどは芸術品であるため、不用意に触れたりしないよう取り扱いには十分に注意をしなければなりません。
ホールクロックは単に時間を知ると言う用途のほかに、ホールに来る人の心を和ませ、その雰囲気を良くすると言う目的が含まれています。
多くの人が集まる場所に花や絵を飾る事は多いのですが、これらはその花や絵を見て楽しむことができることと同時に、心を和ませると言う意味が含まれています。
さらにこれらによってホテルなどの雰囲気を良くすると言う意味合いも含まれており、飾るものには非常に細かな神経が使われていることが多いものです。
ホールクロックも同様に、その場所にいる人の心を和ませると言う意味合いが含まれており、芸術品が使われることが多くなっています。

芸術性の高さが人気のホールクロックに対応するインターネット上の会社

特に欧米では古い時代からホールクロックのメーカーが多数存在していた時代的背景があり、現在でも製造をしているメーカーはあるものの、歴史ある芸術性に優れたホールクロックは高値で取り引きされることも目立ちます。
時代の進化によって一時は衰退していた時計のジャンルですが、現在では芸術性の高さが魅力になり見直しが行われています。
インターネットで探せば通販で販売をしている専門店を探すことができ、本物のアンティーク時計だけではなく、新しく製造されたホールクロックも探すことができます。
購入価格は大きく差が出ていることがあり、10万円台から購入できる商品があれば、200万円を大きく超える商品も見つけられます。
自宅用に購入したものの、メーカーや販売店での保証期間が過ぎてしまった場合、壊れた際には普通の時計修理店では対応できないことが多いので、購入と同じようにインターネットから探せば、ホールクロックの修理を得意としている専門店を探すことができ、伝統的な職人の技によって完全修復することを可能にしています。

柱型ホールクロックが故障した際も応急処置法

どこのご家庭でも、必ず住居内に1個は時計を備えているものです。
おもにリビングや寝室・玄関先が置く場所の定番で、大きなホールクロックだと玄関先が設置をするのに理想的な場所となります。
以前は新築祝いなどで贈られる定番の品で、今でも柱型の大きなホールクロックを所有しているという方も多いことでしょう。
そこでここでは、ホールクロックが故障した際の応急処置法をご紹介します。
ホールクロックの故障で多いのが、振り子の誤作動です。左右に大きく振れることで秒針が動くのですが、そのふり幅の間隔が狭まると秒針が1秒間隔よりもはやくに進んでしまうわけです。
誤作動を解消させるには、一度動きを停止させてからリセットをしないといけません。
表面のガラスケースを開けて停止スイッチを押し、その後振り子を取り外します。
あとは内部に戻して再びゼンマイを巻けば、元通りの間隔で動きだします。
もし戻らない場合は、時計店に修理を依頼するのが望ましいです。

日本ではじめてホールクロックが設置された施設

時計はいまでは、世界共通の生活必需品となっています。
日本ではじめて時計が誕生したのは飛鳥時代で、天智天皇が長岡京で水時計を導入したのが最初です。
その後は江戸時代からオランダで使われていたゼンマイ仕掛けの製品が使われるようになり、今ではコンパクトな身に付けるウォッチが主流です。
ホールクロックというものをご存じでしょうか。
これは大きな柱のような形状をしているものになります。
ここでは初めて日本でホールクロックを設置した施設をご紹介しましょう。
それは国会議事堂であり、現在でも正面玄関の真ん中に鎮座をしています。
明治4年にアメリカから輸入をされたもので、ゼンマイ仕掛けになっているのが特徴です。
大きな振り子を備えており、左右に大きく振れることで秒針が進んでいます。
ホールクロックには英語で「ambitious」と刻まれていますが、ラテン語で公平を意味する言葉です。
国民による公平な政治を執り行う場所という意味が込められています。

ホールクロックは財閥の豪邸で愛されるインテリアです

今では日本の一般的な住宅でも洋風建築を好む人が多く、和室の割合は減ってきています。
しかし以前は日本家屋が和風が一般的で、畳のある部屋こそが日本らしいとされてきました。
一方で財閥のような、早くから欧米化を取り入れていた階級では住んでいる家も邸宅と呼ばれるような洋風建築を好んでいたといえます。
欧米にいち早く留学していた子息も多いことから、帰国してからも同じような家に住みたいと考えたからです。
建設された財閥の豪邸では、欧米にいるようなインテリアを好む傾向があり、その中にホールクロックも含まれています。
ホールクロックは、時計としての役割だけでなく、重厚感があるインテリアだと愛されてきました。
そこにあるだけでどっしりとしていて、家の雰囲気を落ち着かせることができます。
今もなお、ホールクロックは愛されており、アンティークの状態であっても人気があります。
オーダーメイドされた1点物も多いので、古くなっても高値で取引されています。

公共施設に設置されているホールクロックの特徴

まず、機能性と美しさを兼ね備えています。
クラシックなアナログ時計の形式を採用し、見る人々に優雅な印象を与えます。
また、文字盤は大きくはっきりとした数字や目印が使われており、遠くからでも時間を読み取ることができます。
さらに、ホールクロックは正確性が求められます。
公共施設では時間の厳密な管理が必要であり、クロックが正確な時刻を示すことが求められます。
そのため、精密なクォーツムーブメントや電子制御を備えて正確な時間を提供してくれる上に、多くのホールクロックには時報を自動的に鳴らす機能があり、人々に時刻を知らせる役割も果たしています。
そして、ホールクロックは耐久性も重視されています。
多くの人々が行き交いクロックに触れることもあるため、頑丈で丈夫な作りが必要です。
一般的にアルミニウムやステンレススチールなどの耐久性のある素材が使用され、クロックの周囲には耐衝撃性のガラスや保護カバーが備えられています。
ホールクロックは、公共施設の中心的な存在として時間を正確に表示し、人々に便益を提供します。
その優れたデザイン、正確性、耐久性は多くの人々の信頼を集めています。

小学校の創立記念に寄贈するホールクロック

ホールクロックはずっしりとした存在感のある佇まいの、大人の背丈ほどの大きな置き時計です。
どこか懐かしさを感じる振り子や心地の良いチャイムの音色が魅力で古くから親しまれています。
インテリアや芸術品としても人気で、美しい装飾がされたアンティークの物はオークションで取引されることも。
身近な場所では病院や学校で見かけることがあります。
名入れに対応しているホールクロックなら、小学校の創立記念品といった寄贈品や贈答品にピッタリです。
時計メーカーや専門店のオンラインショップで名入れサービスを提供しています。
時計メーカーのホールクロックは、インテリアに馴染むようなシンプルなデザインです。
木製で温かみがあり、側面にメッセージや日付等が入れられます。
オンラインショップなら、通常のオンラインショッピングの要領で気軽に購入することが可能です。
小学校に寄贈したホールクロックは、多くの子どもたちに優しく時間を知らせてくれるでしょう。

ホールクロックは湿度管理に十分に注意する必要があります

ホールクロックは正確な時間を示すために非常に重要な装置です。
しかしホールクロックは湿度に非常に敏感であり、湿度管理に十分に注意する必要があります。
湿度の変動は、ホールクロックの内部メカニズムや精密な部品に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
湿度が高いと、機械部品に水蒸気が浸透し、錆や腐食を引き起こす恐れがあります。
これによってクロックの精度が低下し、正確な時間を示さなくなる可能性があるでしょう。
湿度が低い場合にも問題が生じることがあります。
低湿度の環境では木製の部品が収縮し、クロックのメカニズムに歪みを引き起こす可能性が出てきます。
これによりクロックの動作が不安定になり、時間の正確さに影響を与えることがあります。
したがってホールクロックを保護するためには、適切な湿度管理が必要です。
適切なレベルに保つために、クロックの展示場所には加湿器や除湿器を使用することが重要です。
湿度計を使用して変動を監視し、必要に応じて適切な対策を講じることも大切です。

ホールクロックは蚤の市で出会える可能性があります

欧米の古いお屋敷に存在しているホールクロックは、重厚感があって、インテリアとしての役目を果たしてくれます。
日本の家も西洋化したことにより、ホールクロックは憧れの存在だと考える人も多くて、今でも愛される存在になっています。
時計としての役目だけでなく、家の中心的な役割があるので、古くなってもアンティークのものは高い人気を誇っているでしょう。
そのためホールクロックは高値になることも少なくありませんし、希少価値が高いものも存在しています。
1点物であるものも多いので、出会ったときに購入を決断しなければ、今後出会うことができない場合もあります。
アンティークショップなどで取り扱いが多いですが、全国各地で不定期に開催されている蚤の市で出会える可能性もあるでしょう。
これも運次第なので、頻繁に蚤の市に通っていても出会えないときもありますし、初めて参加したところで見つけたという事もあります。
予算や求めていた形など合うホールクロックを見つけることができれば、逃さないようにすると良いです。

ホールクロックの取り扱い

機械式ホールクロック

新着情報

◎2023/8/25

情報を更新しました。
>ホールクロックは財閥の豪邸で愛されるインテリアです
>公共施設に設置されているホールクロックの特徴
>小学校の創立記念に寄贈するホールクロック
>ホールクロックは湿度管理に十分に注意する必要があります
>ホールクロックは蚤の市で出会える可能性があります

◎2022/10/24

情報を更新しました。
>ホールクロックの好みは世代によって異なる点に注意
>ホールクロックには芸術品が多いため取り扱いに注意
>芸術性の高さが人気のホールクロックに対応するインターネット上の会社
>柱型ホールクロックが故障した際も応急処置法
>日本ではじめてホールクロックが設置された施設

◎2021/12/23

情報を更新しました。
>ホールクロック修理の時に知っておきたいコツとは?
>ホールクロックの仕組みを理解して賢く使おう
>ホールクロックを置くことでレトロな雰囲気に
>ホールクロックを自分でお手入れする場合の注意点
>ホールクロック自作を始める前にやっておきたい事。

◎2021/6/24

ネット店舗なら在庫があれば最速で手に入る
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

ホールクロックで有名なブランド
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

レストランのインテリアにもおすすめ
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「置時計 機械」
に関連するツイート
Twitter

すげぇ、ほぼ空の台車に繋いだチューブの先端を置いて人工呼吸器を表現してる 辛うじて置時計程度の良く解らん四角い機械が置いてあるけど、そこにチューブ繋がってねぇの これは逆に凄いよホント おまけにチューブは1本で、スリットや何らかん解放口が一つも見当たらねぇ

昨日累由ちゃんお誕生日じゃないですか!!!?遅れました おめでとう🐭🎶 累由ちゃんが喜びそうなもの……機械には疎すぎるので……改造も出来そうなアンティークな置時計あげようかなと思います🐰おめでとう‼️- ̗̀ 🎂 ̖́-

職場の机に置ける手巻きの機械置き時計が欲しいがそんなものの需要は昨今存在しないということもよく分かっている

おじいちゃん、機械弄るのが得意だったんだけど、お手製のデジタル置き時計とか愛用していたであろうオーディオの機材とかが残っているのを見ると在りし日の面影が見えてくるようで、切なくなる

ただの電池クォーツが一番使えない存在と見做しているので、置き時計を含めた全ての時間表示機械は電波時計か機械式時計かオンラインで同期しているかの何れかになっている。